博多の色~鯛の小銭入れ~

博多の色、と聞いたら何色を思い浮かべるだろう。どうやら赤やオレンジが多い結果で、明太子や赤提灯、お祭りのイメージからきているよう。 先日、そんな博多の「和」なイメージを纏ったような、艶やかな一匹がお店に現れた。 目が覚めるような朱に染められた、手のひらサイズのこの鯛は、お客様の作

ちょっとだけオリジナル

我が家の三歳児くんの保育園では、そろそろ水遊びが始まるらしい。 ビニールバッグを用意するようお知らせが来て、先日早速用意した。雨の休日にでも遊びがてら色味を付けられるよう、半透明で無地のもの。

雨待ち

「午後からは雨になりますので、傘を忘れずにお出かけください」 子供の頃、そんな天気予報を聞いた日は、決まって傘を持たずに学校へ行っていた。帰りの雨の中、ずぶ濡れになってもう何も気にしなくていい開放感がとても好きだった。 10代も後半になりバイクでの行動が日常になると、雨の日は混んで時間のかかるバスにのらなくちゃいけなくなったり、帰りに雨に降られると、停めたバイクにぶらさげていた、びしょ濡れのヘルメットをかぶって雨に目をしぱしぱしながらの帰り道が煩わしくて、すっかり雨待ちの心は忘れてしまった。 今3歳の男の子と暮らしているのだけど、雨の予報が外れて喜んでいる私を見ながら「かさもっていきたい。」とがっかりした声で言った。傘の練習中の彼は、まさに雨待ちの年頃。お気に入りの傘を持って長靴を履いて水たまりにジャンプできる、雨の楽しみの機会を待っている。絶対、ぜーったい雨の日面倒なんだけれど、彼と一緒に雨の中歩くことが楽しみになっていったらいいなぁと、、思う…。 布にも革にも使えて、汚れや傷がつきにくくなり、簡単な汚れも落とせる万能なアメダス。持続性はないので毎日スプレーすると層ができるのでより効果的。鞄や靴をびしょ濡れにしたくない方は是非。 ちなみにあの頃、びしょ濡れで雨の中歩いていると、かなりの確率で誰かが傘に入れてくれた。「入りますか?」と迷いながら声をかけてくれたり、何も言わないけれど後ろからこっそり傘に入るように立ってくれたり。わざと傘をさしていないとは知らず。入れてくれた人たち、ありがとう。そんな優しさが巡り巡って、優しい雨の日になりますように。

イヅミマスク

新しい日常が始まっても、なんだか長い付き合いになりそうなマスクの生活。 年末に見る、今年の流行語は何かなーなんてぼんやり考える今日この頃。 いづみ恒商店でも完成品の布マスクを売っていて、こんな感じ。 子供用も。てるてる坊主とうぐいす。 スタッフのお気に入りはこちら、より息がしやすいタイプ。 どれも一点物で柄は様々です。1000円+TAXで販売しています。 最近は暑くなってきて、夏向けに一押しなのは麻レーヨンニットの立体マスク! 涼しい、しかも安い!?360円+TAXです。白のままでもいいけれど、こちらは染め用の生地なので、染め物をする方は好きにやっちゃってください。 ほんと、こんなにマスクが注目される日がくるとは…!!なかなか長いいづみ恒商店の歴史でも前代未聞の日々なのでした。

本日から通常営業です

コロナウィルスの緊急事態宣言解除を受け、 (有)いづみ恒商店は、本日より通常営業です。 通常営業時間 手芸部  9時30分~18時 本社   9時~17時30分 パンチャ 10時~18時 ご来店お待ちしております。

STREET ADDRESS
OPENING HOURS

革・靴材料部(本店)
福岡市博多区奈良屋町9-6

9:00 - 17:30

Phone: 092-281-4804

Phone: 050-3304-4566(IP電話)

FAX: 092-281-4190

Email: info@izumikou.com

革・バッグ仕立材料部(手芸部)
福岡市博多区奈良屋町9-20

9:30 - 18:00
Phone: 092-281-4803
Phone: 050-3469-5574(IP電話)
FAX 092-281-4807
Email: syugei@izumikou.com

SOCIAL

Copyright (c) (有)いづみ恒商店 All Rights Reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン