雨待ち

「午後からは雨になりますので、傘を忘れずにお出かけください」

子供の頃、そんな天気予報を聞いた日は、決まって傘を持たずに学校へ行っていた。帰りの雨の中、ずぶ濡れになってもう何も気にしなくていい開放感がとても好きだった。

10代も後半になりバイクでの行動が日常になると、雨の日は混んで時間のかかるバスにのらなくちゃいけなくなったり、帰りに雨に降られると、停めたバイクにぶらさげていた、びしょ濡れのヘルメットをかぶって雨に目をしぱしぱしながらの帰り道が煩わしくて、すっかり雨待ちの心は忘れてしまった。

今3歳の男の子と暮らしているのだけど、雨の予報が外れて喜んでいる私を見ながら「かさもっていきたい。」とがっかりした声で言った。傘の練習中の彼は、まさに雨待ちの年頃。お気に入りの傘を持って長靴を履いて水たまりにジャンプできる、雨の楽しみの機会を待っている。絶対、ぜーったい雨の日面倒なんだけれど、彼と一緒に雨の中歩くことが楽しみになっていったらいいなぁと、、思う…。

布にも革にも使えて、汚れや傷がつきにくくなり、簡単な汚れも落とせる万能なアメダス。持続性はないので毎日スプレーすると層ができるのでより効果的。鞄や靴をびしょ濡れにしたくない方は是非。

ちなみにあの頃、びしょ濡れで雨の中歩いていると、かなりの確率で誰かが傘に入れてくれた。「入りますか?」と迷いながら声をかけてくれたり、何も言わないけれど後ろからこっそり傘に入るように立ってくれたり。わざと傘をさしていないとは知らず。入れてくれた人たち、ありがとう。そんな優しさが巡り巡って、優しい雨の日になりますように。

96回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示