メンズの口金

先日の雨の日、スタッフの明るい声に呼ばれて店の奥に行くと、また素敵な作品に出逢った。

マスクをしていながらもニコニコと朗らかな空気が溢れる男性のお客様。そんなお客様に安心してピッタリくっついてきたかのようなこちらのバッグ。

金具が付けてあってリュックにもできる、口金を使ったボディバッグ。男性でも持てる口金が欲しくて考えて作ったそう。そういわれてみれば口金を使ったバッグと聞くと、丸みのある形のがま口バッグを想像しやすくて、男性は口金のバッグは持たないのかぁ・・・と考えると、なるほど見事に男性の持ち物として違和感なく出来上がっている。

口金って確かに便利だよなぁと改めて。個人的な話だけれど、自分の今のライフスタイルからいって、片手が埋まっていることが多く、持つ鞄を選ぶ際簡単に物が出し入れしやすいことがとても重要になっている。ファスナーは片手で開け閉めできないし、フラップは押さえたりしなきゃいけないし、リュックは降ろさなきゃいけないし。口金もこんな風にクラシックな感じに仕上げれば、革と調和して程よいアクセントになったりして。

そしてこのバッグ、製作時間は2,3時間ほど!糸で手縫いしているのではなく、穴をあけて革ひもを通して形にしているのでそのくらいの時間で完成したとのこと。糸できっちり仕上げてもきれいな感じにまとまっていいだろうけど、「自分のだし。」という気分で柔軟に作っているところが、こなれているなぁ、革でモノをつくることが生活に溶け込んでいていいなぁと、ちょっと羨ましい気持ちになった。

内ポケットにはお手製の財布がチラリ

91回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示