top of page
  • info

Oさんのボストンバッグ

手縫いのバッグを下げてきた女性のOさんは、レザークラフトをはじめて2年弱だそうです。

ハ〇ティング△ールドを思わせる存在感としっかり感。

洗練された、こだわりと根気が伝わってくる作品です。

フロントのタグは、丁度カーブする部分にあたる為、馴染ませる為に革を曲げながら縫い付けたそうです。

形を崩さずにしっかり開けたくて、エクセラファスナーをマチ部分に縫い付け。

角部分を合わせるのが非常に難しい。

このマチ部分を縫って立体にしてから(このマチの縫いがまた高度)

ファスナーの縫い付けをしているので難解。

すっきりと洗練された作り。

下から両面表面の革テープをヘリ返し、持ち手を縫いで繋いでいますが、この作品の丁寧さは裏面からも伺えます。

ヘリ返す前にしっかりカシメで補強しているのです。これで強度があがります


マチ接続の底部分にフォーカス。

美しいフォルムの秘訣は、革漉きとちょっとした縫いの角度

もちろん底鋲もしっかり。

本業傍ら長い時間かけながらも楽しんで大作を仕上げたOさん。

その集中力と情熱に乾杯!

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page